/

太陽の塔の「内部」公開へ 万博公園、14年度中にも

大阪府吹田市の万博記念公園にそびえる岡本太郎作のモニュメント「太陽の塔」。その内部は1970年の大阪万博閉幕後に原則非公開となったが、2014年度中にも約45年ぶりに一般公開される見通しとなった。公園を管理する日本万国博覧会記念機構が30日、明らかにした。

白を基調に鳥が羽を広げたような外観(高さ約70メートル)は万物が生成するエネルギーを象徴するのに対し、壁が赤く塗られた内部には、単細胞生物から人間に至る進化の歴史を1本の樹木に見立てた「生命の樹」(高さ約41メートル)がある。

万博期間中、来場者はエスカレーターに乗って生命の樹を観覧できたが、閉幕後は維持費や耐震性などの問題から原則非公開となった。同機構は耐震工事を進め、エスカレーターを撤去して階段を設置するという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン