「神戸三宮駅」に変更 観光客増へ阪急と阪神

2013/5/1付
保存
共有
印刷
その他

阪急電鉄と阪神電気鉄道は30日、神戸市の三宮駅を「神戸三宮駅」に改めると発表した。阪急電鉄は早ければ今年冬から、阪神電鉄は来年4月から変える。駅名に観光都市の神戸を冠して認知度を高め、観光客の誘致につなげる狙い。

阪急については服部(宝塚線)、中山(同)、松尾(嵐山線)の各駅名も「服部天神」「中山観音」「松尾大社」にそれぞれ変更する。

各駅に番号を設ける「駅ナンバリング」も導入する。阪急電鉄は天神橋筋六丁目駅を除く87駅、阪神電鉄は本線やなんば線など49駅が対象。それぞれ会社名を表す「HK」「HS」の後に2桁の駅番号を組み合わせる。例えば阪急梅田駅は「HK01」、阪神甲子園駅は「HS14」となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]