同志社女子大の職員殺害容疑、同僚の59歳男逮捕

2012/9/29付
保存
共有
印刷
その他

京都市左京区の路上で同志社女子大職員、荒川孝二さん(36)が殺害された事件で、京都府警は29日、殺人の疑いで京都市伏見区の同志社女子大職員、天野祐一容疑者(59)を逮捕した。

荒川さんは21日午前0時ごろ、路上で血を流し倒れているのが見つかった。直前には、荒川さん本人が「変な人が包丁を持っている」と110番。その後、悲鳴が上がっていた。

死因は胸を鋭利な刃物で刺されたことによる出血性ショックだった。近くには荒川さんの車がエンジンがかかった状態で止まっていた。

事件前夜には、荒川さんの車にコンクリートブロックが投げ付けられ、荒川さんが被害届を出すトラブルが起きていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]