2019年1月19日(土)

通天閣地下劇場、24年の歴史に幕 近隣で存続目指す

2013/6/29付
保存
共有
印刷
その他

6月末で閉鎖される大阪・新世界の通天閣地下劇場で28日、最後の歌謡ショーが開かれ、24年の歴史に幕を閉じた。

「通天閣の歌姫」と呼ばれる歌手の叶麗子さんが最後の曲を熱唱し終えると、200人以上の観客が詰めかけた客席からは「ありがとう」「また会おう」などの大きな歓声と拍手がわき起こり、ステージいっぱいに紙吹雪が舞い散った。

劇場閉鎖に伴いショーは打ち切られる予定だったが、新世界の飲食店経営者らが組織する「新世界串かつ振興会」がこの日、通天閣に近いビルを150人収容の劇場に改装して、ショーの存続を目指すと発表した。

存続を願い署名活動を続けた叶さんは「奇跡は起きた。諦めなくてよかった」と涙をにじませた。オープン当初からショーに通ったという大阪市平野区の会社員、山本明彦さん(52)は「再開が待ち遠しい」と語った。

劇場は1989年の開設。松竹芸能が興行主となって寄席や歌謡ショーを開催してきたが、同社が7月下旬にオープンする演劇場「道頓堀角座」(同市中央区)に寄席の公演を移す意向を表明。運営会社の通天閣観光が劇場閉鎖を決めていた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報