2019年2月19日(火)

宅見組組長射殺で元組幹部起訴 殺人と銃刀法違反で

2013/6/28付
保存
共有
印刷
その他

1997年に暴力団山口組の最高幹部だった宅見勝・宅見組組長(当時61)が射殺され、男性歯科医師(同69)が流れ弾で死亡した事件で、神戸地検は27日、元中野会系組幹部、財津晴敏容疑者(56)を殺人と銃刀法違反の罪で起訴した。

捜査関係者によると、財津被告は16年間の逃亡生活について供述を拒んでいるが、ここ数年は逮捕時の潜伏先だった埼玉県狭山市のアパートのほか、関東地方を転々としていたという。

事件直後の97年9月には同被告名義の定期預金が解約され、約1500万円が引き出されていたことも判明。アパートや公共料金は別人名義で契約しており、兵庫県警は逃亡生活を手助けしていた人物がいたとみて捜査している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報