/

中学給食改善へ担当部長を新設 大阪市教委

大阪市教育委員会は27日の教育委員会議で、異物混入や分量を巡って問題が出ていた中学校給食の改善を検討する学校給食改善担当部長を7月1日付で新設することを決めた。大阪市の中学校給食を巡っては、今春から業者が調理して配送するデリバリー方式で導入して以降「分量が足りない」「おかずが冷たい」などの問題が指摘されており、こうした問題の解決に当たる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン