/

JR西日本の歴代3社長に無罪判決 尼崎脱線事故

神戸地裁

兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本の歴代3社長の判決が27日、神戸地裁であり、宮崎英一裁判長は全員に無罪(求刑禁錮3年)を言い渡した。

同事故では、検察が唯一起訴した山崎正夫元社長(70)の無罪判決が既に確定している。

検察審査会の議決に基づき10年4月に強制起訴されたのは、事故発生までに歴代社長を務めた井手正敬元相談役(78)、南谷昌二郎元会長(72)、垣内剛元顧問(69)。

事故は05年4月25日、快速列車が制限速度を45キロ上回る時速約115キロで現場の急カーブに進入して発生。現場のカーブは1996年、半径600メートルから半径304メートルに付け替えられる工事が行われた。

裁判では、3社長が事故の可能性を予見できたのか、自動列車停止装置(ATS)の整備を指示すべきだったのか、が主な争点だった。

検察官役の指定弁護士は、3社長が経営幹部として急カーブ化工事や、現場を通る快速列車の本数を増やすダイヤ改正を主導した点を重視。「事故の予見可能性があった」とし、ATS整備については「経済的にも技術的にも容易だったのに、利益優先の中で怠った」と指摘した。

一方、3社長の弁護側は現場のカーブについて「工事完了から事故発生まで約63万の列車が無事通過している。事故の予見可能性はなかった」と主張。ATS整備についても「事故当時、鉄道事業者にATS整備を義務付ける法令の規定はなかった」と反論した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン