/

この記事は会員限定です

国会改革「身を切る姿勢、維新の原点」

松井一郎・日本維新の会幹事長(大阪府知事)

関西Made 第1部 インタビュー

[有料会員限定]

昨年12月の衆院選で54議席を得て民主党に次ぐ野党第2党となった日本維新の会。前身の地域政党「大阪維新の会」が大阪府議や大阪市議によって設立されてから、4月で3年を迎える。大阪維新の発足当時から幹事長を務める松井一郎大阪府知事(49)は日本経済新聞のインタビューに対し、「政治家自身が身を切る姿勢こそ、維新の原点だ」と述べ、衆院定数の削減など国会改革に意欲を示した。

――自民党の支持率が堅調で、国政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン