/

こんにゃくゼリー窒息死、PL法上欠陥なし 大阪高裁

兵庫県で1歳の男児がこんにゃくゼリーを喉に詰まらせて死亡したのは商品の欠陥が原因だとして、両親が製造元の「マンナンライフ」(群馬県)側に計約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。八木良一裁判長は原告側請求を退けた一審・神戸地裁姫路支部判決を支持、原告側の控訴を棄却した。

男児は2008年7月、祖母が与えた同社製の「蒟蒻畑マンゴー味」を半解凍状態で食べようとして喉に詰まらせ、同9月に死亡。原告側は裁判で、同商品は弾力性が強く、カップの形状上、吸い込んで一気に喉に達する危険があるとしたほか、危険を知らせる表示が不十分だったなどとして、商品は設計上の欠陥があり、製造元は製造物責任法(PL法)上の賠償責任を負うと主張していた。

10年11月の神戸地裁姫路支部判決は「ゼリーは通常の安全性を備えていた」として請求を退けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン