/

酒気帯び運転で人身事故 容疑の阪南市職員を逮捕、大阪府警

酒を飲んでミニバイクを運転し、人身事故を起こしたとして、大阪府警泉佐野署は23日、同府阪南市こども家庭課総括主事の岩崎達矢容疑者(28)=同府熊取町美熊台2=を道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕容疑は23日午前2時25分ごろ、同町大久保東2の路上で、酒を飲んでミニバイクを運転し、工事現場で交通整理をしていた男性警備員(60)と接触した疑い。警備員は左ひざに軽傷を負った。

同署によると、同容疑者から酒の臭いがしたため署員が呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出された。「酒を飲んで運転した」と容疑を認めている。

阪南市の福山敏博市長は「公務員としてあってはならないことで、心からおわび申し上げる。厳正に対処する」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン