/

この記事は会員限定です

橋下氏、機をうかがっていた大飯原発「臨時稼働論」

維新の研究

[有料会員限定]

関西電力大飯原子力発電所3、4号機を含む原発が林立する福井県から電力供給を受けてきた関西圏。大飯の再稼働がなければ関電管内で15%以上の節電が求められる見通しのなか、19日に開かれた関西広域連合の会合で、関西の首長チームと細野豪志原発事故担当相と斎藤勁官房副長官の政府チームが再稼働の可否を巡り相まみえた。結局、議論は平行線ながら、大阪市の橋下徹市長の発言が波紋を広げた。「夏の電力需要のピークをしの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2557文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン