2019年4月23日(火)

大阪府市、カジノ誘致「夢洲」軸に 鉄道整備も検討

2014/4/23 1:57
保存
共有
印刷
その他

大阪府と大阪市は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の「立地準備会議」を開き、同市臨海部の人工島「夢洲」への立地を軸に誘致をめざす方針を決めた。都心部に近く、広い土地を確保できる点で有力と判断した。交通アクセス改善のため新たな鉄道インフラの整備も検討する。

会議で橋下徹市長は「夢洲を前提に(開発事業者や国との)調整を進める。鉄道インフラができれば(他都市より)優位性が出てくる」と説明。鉄道整備の財源は「事業者負担が前提だが、税投入しても回収は可能だ」と述べた。次回会議で複数の鉄道整備案を示す。

また松井一郎府知事は東京五輪が開かれる2020年までに一部施設の開業を目指す考えも表明。治安悪化や青少年への悪影響の懸念が根強いことから、不正防止やギャンブル依存症対策などの取り組みも強化する。市経済戦略局によると、すでに複数の事業者が大阪でのIR開発に関心を示しているという。

IRはカジノのほか会議場や商業施設、観光施設を含む複合施設。自民党や日本維新の会などが昨年12月、IR推進法案を提出し、来月にも審議が始まる見通し。誘致には東京など複数都市が名乗りを上げている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報