/

女性15人暴行、43歳被告に懲役47年 大阪地裁判決

10~30代の女性15人への強姦致傷罪など15件の罪に問われた無職木下年豊被告(43)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁は21日、2007年の3件について懲役22年、11年の12件について懲役25年の計47年を言い渡した。いずれも求刑通り。

刑法の規定では、複数の未確定の罪の間に確定判決を挟むと、罪は併合されず、その前後の罪の量刑を分けて判決が言い渡される。木下被告は07年と11年の間に、別の性犯罪事件で有罪判決が確定していた。

岩倉広修裁判長は判決理由で「路上でたまたま見掛けた小学生を含む被害者に対し、見境なく犯行に至っており極めて強い非難が向けられるべきだ」と指摘。「口止め目的で被害者を携帯電話で撮影するなど態様は悪質だ。服役した後、わずか半年間で11年の12件の事件を起こし、常習性を深めている。かなり長期の有期懲役刑を選択すべきだ」と述べた。

判決によると、木下被告は07年6~8月と11年5~9月、大阪市内や東京都内などで当時12~37歳の女性15人に乱暴するなどした。

静岡地裁沼津支部の裁判員裁判では11年12月、女性9人への強姦致傷罪などに問われた男が、懲役24年と26年で計50年の判決を受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン