/

桜宮高体育科入試、2案を議論 大阪市教委

大阪市立桜宮高校(同市都島区)2年の男子生徒(17)が自殺した問題で、市教育委員会は21日、臨時の教育委員会議を開いた。市教委は同校体育科とスポーツ健康科学科の入試について、両科の募集は停止するが、名称を「普通科」に変更して試験内容や定員などは従来の体育科などと同じ方式で実施する案と、両科を従来通り募集する案の2つの案を提示した。

議論を経て、委員5人による採決を行う。

名称を普通科に変更する案では「スポーツに特色のあるカリキュラムを策定する」といい、2案とも受験生への不利益を回避する内容。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン