/

この記事は会員限定です

大阪・十三で劇場の灯守れ 夢に挑む映画人

「第七芸術劇場」

[有料会員限定]
 大阪の映画文化を下支えしている96席のミニシアターが大阪・十三(大阪市淀川区)にある。第七芸術劇場、通称「ナナゲイ」だ。経営危機で何度も休館や閉館に追い込まれたが、「十三の映画館の灯を守ろう」を合言葉に地元商店街などが出資する地域密着の映画館として約10年前に再生。再生の立役者の2人の奮闘で今や映画の魅力を全国発信する場に育った。

ナナゲイの前身は戦後に大阪の映画制作会社「帝国キネマ演芸」が立ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン