/

衛星放送の不正視聴機器を販売 兵庫、容疑の男逮捕

兵庫県警は15日、有料の衛星放送「スカパー!」を不正に視聴できる機器を製造、販売したとして、不正競争防止法違反の疑いで、同県洲本市の自称喫茶店員、米沢義郎容疑者(41)を逮捕した。

運営する「スカパーJSAT」によると、不正視聴できる装置を巡る摘発は初めてという。

逮捕容疑は昨年、有料の衛星放送を無料で視聴できる機器を製造し、インターネットのオークションサイトで落札した東京都の男性に約16万円で販売した疑い。県警によると「ネットを参考にして機器を製造した」と認めている。

同社や県警によると、衛星放送を解約すると、専用の受信機に番組を視聴できないようにする電波が送られる。米沢容疑者は、この電波を妨害する装置を受信機に取り付け、解約後も見られるようにしていた。

県警は、他に少なくとも3人に機器を販売したことを確認。15日に米沢容疑者の自宅などを家宅捜索した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン