逆転勝訴の橋下氏「弁護士として自信深まった」

2011/7/15付
保存
共有
印刷
その他

橋下徹大阪府知事は15日、逆転勝訴を受けて「きちんと最高裁に判断してもらい、ありがたい」と感想を述べた。公務で大阪府内の高校でのイベントに参加後、記者団に語った。

二審判決が取り消されたことについて「一審で違法、二審で一部は違法の認定をされているので偉そうなことは言えない」としつつも、「知事になっても(裁判用の)書面を書いていた。長かったけれど、弁護士としての自信が深まった」と喜びを口にした。

弁護士への懲戒請求の呼びかけについて「国民には懲戒請求制度を正しく活用してほしい」と話した。

一方、敗訴した光市事件弁護団側は、代理人の弁護士が広島市内で記者会見し、「理解しがたい前代未聞の判決だ。絶対に承服できない」と非難した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]