/

維新の会、民主と衆院選で対決へ 大飯再稼働巡り

幹部会合で方針確認

(更新)

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)は14日、政府が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働が妥当と判断したことに反発、次期衆院選で民主党と対決する方針を固めた。維新は脱原発依存を政権公約とする方向で調整しており、衆院選での争点化を狙う。

橋下氏は13日、政府の方針を受けて「民主党政権を倒すしかない」と発言。維新は14日、幹事長の松井一郎大阪府知事ら幹部が大阪市内で緊急会合を開いた。会合後、松井氏は「今回の原発再稼働は我々の考えとは正反対。ガバナンス(統治)が利いていない民主党政権とは今のままでは全面対決だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン