2019年6月20日(木)

大阪市立中、夏休み35日間に短縮 エアコン整備で

2014/1/15付
保存
共有
印刷
その他

大阪市教育委員会は14日、来年度から全市立中学の夏休みを1週間短縮し、「8月24日」までとする規則改正を承認した。授業時間を確保し学力向上につなげる。昨夏に全校でエアコン設置工事が完了したことで真夏の授業実施も可能と判断した。小学校も全校でエアコンが設置され次第、短縮する。

市立中の夏休みは現在7月21日~8月31日の42日間で、来年度からは35日間になる。短縮方針は昨年2月に決定したが、エアコン工事完了まで実施を見送っていた。市教委は今年度から市立小中高校で冬休みを2日短縮。小中では校長判断で土曜授業も可能にした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報