/

大阪維新政治塾、915人を選抜

第2クール、23日開講

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)は11日、次期衆院選などの候補者養成を目指して立ち上げた「維新政治塾」の受講生約2千人から、915人を「塾生」として選抜したことを明らかにした。23日の塾の第2クール開講式には、特別講師として石原慎太郎東京都知事を招く方向で調整している。

維新はアンケートを通じて選挙資金の有無や居住地以外での出馬の可否などを尋ね、候補者になりうる人材を絞った。

塾生にはみんなの党など既成政党に属する地方議員なども含むという。ただ、維新は今後送る合格通知に「出馬する場合は離党が条件」と明記。衆院選に塾生を擁立する際は既成政党とは一線を画す方針だ。

塾生の地域別内訳は大阪府が二百数十人、兵庫県が100人前後、関東地域が300人弱、その他地域が300人弱という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません