/

ヘイトスピーチ、橋下市長が対応検討指示 市部局に

大阪市の橋下徹市長は10日の記者会見で、差別的な発言を街頭などで繰り返すヘイトスピーチ(憎悪表現)に関し、「最近ひどすぎる。一定の対応策が求められる」として市部局に検討を指示したことを明らかにした。「表現の自由の観点から規制は難しい」と指摘すると同時に「司法での解決は時間がかかる。事前に何か対策を考えるのが行政の役目」と語った。

橋下市長は表現、集会・結社の自由を尊重する姿勢を繰り返して強調し、「街頭でのデモで何か主張するよりも、政治や行政に直接意見を言った方がまだ(社会は)変わる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン