/

この記事は会員限定です

「橋下VS平松」大阪府・市対立の源流探る

編集委員 堀田昇吾

[有料会員限定]

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪府知事)が進める大阪都構想。推進・反対双方の溝は深く、11月27日の大阪市長選(知事選とのダブル選挙の公算)が構想の行方を左右する大きなヤマ場になる。

大阪のかたち巡る確執

維新側は大阪都構想を「ONE(1つの)大阪をつくり、大阪を再生させるための手段」としているが、平松邦夫大阪市長らは「本質は大阪市の解体」「府による市の吸収が目的」などとして構想への批判を強める。

「府と市の両...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3900文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン