/

大阪通り魔「人殺せば死刑に…」 容疑の男が供述

10日午後1時ごろ、大阪市中央区東心斎橋1で「人が刺された」と通行人の女性から110番があった。府警南署員が現場に駆けつけたところ成人の男女2人が腹などを刺され、血を流して倒れていた。2人は病院に運ばれたがいずれも死亡した。

同署は現場にいた自称住所不定の無職、礒飛京三容疑者(36)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。府警は南署に捜査本部を設置、容疑を殺人に切り替えて捜査している。

捜査本部によると、同容疑者は「自殺しようと思って現場近くで包丁を購入したが死にきれず、人を殺せば死刑になると思ってやった」と供述している。同容疑者は2人の被害者と面識がないと説明しており、捜査本部は通行人を無差別に狙った通り魔事件とみている。

死亡したのはイベント会社プロデューサー、南野信吾さん(42)=東京都東久留米市=で、腹や首、ほおなど少なくとも10カ所以上を刺されていた。女性は大阪市に住む60代とみられ、腹や背中、首などを刺されていた。捜査本部は女性の身元確認を急いでいる。

捜査本部によると同容疑者は10日午後1時ごろ南野さんを刺した後、約40メートル移動して女性を刺した。その後倒れている南野さんの所に戻り、馬乗りになって再び刺しているところを駆けつけた南署員が発見、身柄を取り押さえた。

礒飛容疑者の凶器は刃渡り約18センチのキッチンナイフで、事件の約1時間前に現場付近の店舗で購入したとみられる。

現場は市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅から南東に約200メートルで、大丸心斎橋店や心斎橋筋商店街にも近い繁華街の一角。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン