維新、宝塚・伊丹市長選に公認候補擁立 大阪府外で初

2013/3/9付
保存
共有
印刷
その他

日本維新の会は8日、4月14日投開票の兵庫県宝塚市長選に同市議の多田浩一郎氏(40)、同県伊丹市長選に前同市議の岩城敏之氏(52)を党公認候補として擁立すると発表した。維新が大阪府外の市長選に公認候補を擁立するのは初めて。府外の首長選への擁立を積極的に進め、夏の参院選に向けた党勢拡大につなげる狙いがある。

維新は同日、大阪、東京以外では初となる県連組織を兵庫県に設立。記者会見した維新兵庫県総支部代表の新原秀人衆院議員は、夏に予定される兵庫県知事選について「我々が進める道州制の障壁となる候補とは全面的に戦う」と述べ、独自候補擁立を検討する考えを明らかにした。

宝塚市長選には現職の中川智子氏(65)が再選出馬を表明。伊丹市長選には現職の藤原保幸氏(58)が3選に向けて出馬を表明しているほか、前同市職員の阪上聡樹氏(53)、元会社員の服部好広氏(61)が出馬を予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]