/

橋下氏「国の根っこ変える」 維新の国政進出表明

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は8日午後、大阪市内で開いた所属議員らによる全体会合の冒頭あいさつで「国の根っこの部分を変えていく。それが地方の自立につながる」と強調した。その上で、「国政政党に一歩踏み出したい」と述べ、新党を結成しての国政進出を正式表明した。

橋下氏は、大阪都構想を後押しする法案が今国会で成立したことを成果として挙げつつ、「まだまだ不十分なことがたくさんある」と指摘。現状では名称は大阪都とはならず、大阪府のままであることや、都構想実現には改正が必要な他の法案が山積していことなどを、残る課題として挙げた。

さらに、大阪府立大と市立大の統合、市営地下鉄の民営化、水道の上下分離など、府市の二重行政解消のための府市統合本部で進めている事業についても「(実現には)法律の壁がある」と訴えた。

橋下氏は、こうした壁や課題の克服には「国の根っこを変えていかなければならない」と強調、それが結果的に維新の掲げる「地方の自立」につながるとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン