/

維新幹事長、解散前の候補者公募示唆 次期衆院選

地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)幹事長の松井一郎大阪府知事は3日、維新が次期衆院選に擁立する候補者を選ぶための公募を、衆院解散前に始める可能性があることを明らかにした。

松井氏は大阪市内での取材に「どのようなタイミングで総選挙となっても、我々の政策を実現する体制を整えていく」と述べ、候補者を選定するための「公募委員会」(仮称)の設置が必要との認識を示した。その上で松井氏は公募の時期や公募委の構成は「何も決まっていない」と話した。

維新は公募の対象を約900人の「維新政治塾」塾生のほか、現職国会議員などとする方向で検討中。松井氏ら維新執行部は民主党の小沢一郎元代表らが離党届を提出したことで政局が流動化し、解散が早まる可能性もあると判断しているとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン