/

関西ウーマン・パワーアップ会議、大阪で開催

350人が参加

日本経済新聞社大阪本社は1日、大阪市北区のグランフロント大阪で「関西ウーマン・パワーアップ会議~仕事も家庭もあきらめない」と題したフォーラムを開いた。仕事帰りの女性ら約350人が参加。仕事と家庭などを両立する女性に求められる心構えや働き方について議論した。

作家の林真理子さんが基調講演し、「働く女性は家事や子育てなどやることがたくさんあるが、働きやすい世の中に変わりつつあるのは確か。野心を持って努力を続けて」とエールを送った。

続くパネルディスカッションのテーマは「女性がいきいきと働くには」。藤沢久美シンクタンク・ソフィアバンク代表の司会で、上田理恵子マザーネット社長、3児の父親で子育て施策に力を入れる倉田哲郎・箕面市長らが意見を交わした。

倉田市長は「女性を活用できない組織は弱っていく。女性が活躍する場所は必ずある」と強調。上田社長は「母親が夢を実行することで子供も夢を持てる」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン