ギリシャ発の欧州激震、「踊る政治」の悲劇(迫真)

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2012/6/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5月15日夕刻。ギリシャの首都アテネの大統領官邸に集まった5人の党首は延々と堂々巡りの議論を続けていた。「終わりにしよう。もう我慢できない」。大統領のカロロス・パプリアス(82)はいらついた様子でサジを投げた。

5月6日の総選挙はどの政党も単独過半数に達せず、政局混乱は1週間以上続いた。13日から始まった大統領による最後の仲介も失敗。挙国一致内閣は樹立できず、決まったのは再選挙だけだ。

□  □

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]