/

この記事は会員限定です

米ベンチャー「10億ドルクラブ」に勢い再び

クラウド普及で投資負担軽く

[有料会員限定]

米国で起業が活気づいている。インターネット関連技術の発達や資金の供給源の多様化で起業がしやすくなり、設立から短期間で世界で顧客を獲得したり、企業価値が10億ドル(約800億円)に達したりする例が相次ぐ。景気回復が足踏みするなか、地域経済の担い手としての役割も増してきた。米国の起業をめぐる最新の動きを追った。

「また引っ越しなんだ」。米サンフランシスコ市にある写真共有サイト運営会社、ピンタレストのベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン