/

この記事は会員限定です

日本車キラーの廃工場に再び灯 息吹き返す米国製

[有料会員限定]

米南部テネシー州スプリングヒル。ほぼ3年間、機械の音が消えていたゼネラル・モーターズ(GM)の完成車工場に12年9月、再び灯がともった。1990年に「日本車キラー」と呼ばれた「サターン」の工場として稼働。だがトヨタ自動車などに完敗し、2009年の経営破綻後に操業停止に追い込まれていた。

工場OBを再雇用

GMはこの"廃工場"に2億4400万ドルを注ぎ込んで設備を刷新した。作るのはGMの世界ブランド「シボレー」の多目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン