/

この記事は会員限定です

グローサー・ニュージーランド貿易相 農業、保護より競争力

[有料会員限定]

日本の安倍晋三首相が経済再生政策アベノミクスの「第3の矢」として、構造改革を柱に据えているのは心強い。構造改革の実現は環太平洋経済連携協定(TPP)の成功がカギを握るだろう。

ニュージーランドも構造改革を進めてきた。従来は一部の農業部門で輸入業者への免許制度を採り入れたり、先進国で最も高い関税をかけたりするなど国内産業を保護してきた。だが生産性や輸出競争力を高めるには、構造改革が必要との結論に至っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン