/

この記事は会員限定です

苦悩のFRB議長、続く中銀頼み 雇用拡大に使命

量的緩和くすぶる批判

[有料会員限定]

2013年は金融政策をつかさどる米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長も正念場だ。同議長は12年9月に量的緩和の第3弾(QE3)を導入。果敢な金融政策で景気下支えに動いているが、打てる手はそう多くない。任期切れを14年1月に控え、同議長の悩みは一段と深まりそうだ。

FRBには物価安定と雇用の最大化という2つの使命が課されている。同議長は12年1月にかねての持論だったインフレ目標導入に踏み切り、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン