/

この記事は会員限定です

米住宅市場、お荷物から支え役へ 成長押し上げ期待

[有料会員限定]

米住宅市場が経済の足かせから支え役へシフトしている。昨年、物件価格がようやく底入れしたとの見方が広がり、住宅購入に対する消費者の過度な警戒感が薄れてきた。住宅建設のほか、住宅関連の消費拡大や家計の資産効果などが米成長率の押し上げに貢献するとの期待が広がる。

昨年6月。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が毎月発表するケース・シラー住宅価格指数で主要20都市の値動きを映す指数が、1年9カ月ぶりに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン