創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

日本の北極海戦略「海底資源開発を」33%
創論アンケート

2012/7/22 3:30
保存
共有
印刷
その他

開発機運が高まる北極海で、日本は何を重視すべきか。日本経済新聞電子版の読者に尋ねたところ、「海底資源の開発」が33%と最多だった。「資源確保のため妥協せず、他国に先んじて開発すべきだ」との積極論が目立つ。一方で「環境の保全や調査」も29%と拮抗。温暖化への懸念から過度な開発を望まない声が上がった。「航路としての利用拡大」は24%だった。

日本政府に期待する対応では「北極海沿岸国との関係強化」が43%。「北米や北欧諸国と連携し、ロシアと中国をけん制すべき」との意見が出た。次いで「省庁の縦割りを打破した戦略本部の設立」は39%で、海洋・領土問題に関連するテーマとして国家的取り組みを求める声もあった。

今回のアンケートには608人が回答。内訳は男性94%、女性6%だった。年代別では60代が26%と最も多く、次いで40代が23%、50代が19%だった(詳細は「日本が北極海で重視すべき分野についての読者のご意見」に掲載)。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

秋山昌廣氏とV・ミハイリチェンコ氏に聞く

今週の「創論・時論」テーマは核燃料サイクル

電子版トップ

電子版トップ連載トップ