2018年9月26日(水)

キャリア築く気概が必要 元「ポスドク」で作家の円城塔氏
働けない 若者の危機 第4部 氷河期世代(4)インタビュー

2013/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 昨年芥川賞を受賞した作家の円城塔氏は、もともと物理学の研究者で、30代半ばまで任期が決められている博士研究員「ポスドク」として過ごした。科学者のキャリア形成や政策的支援の課題について聞いた。

 ――ポスドク時代をどう振り返りますか。

 「非線形物理学が専門で、博士号を取得した後に北大で2年、京大で3年、東大で2年、ポスドクとして働いた。助手や講師の口を探して公募に片っ端から応募したこともあるが、ダメ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!



関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報