米、台湾にF16売却せず 中台の軍事バランスに影響は…
チェン氏「時代遅れの機体抱えた状態に」

2011/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米政府が台湾への新型戦闘機「F16C/D」の売却を見送り、台湾が保有する初期型「F16A/B」の性能強化に向けた関連武器売却にとどめる方針を発表した。今回の決定は台湾海峡の軍事バランスや北東アジア地域の安全保障にどんな影響を与えるのか。中国、台湾の軍事問題に詳しい米ヘリテージ財団のディーン・チェン研究員に聞いた。

――性能を強化したF16A/Bと、F16C/Dの違いは。

「今回の関連部品などの武器…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]