/

この記事は会員限定です

北アフリカ、砂漠をエネルギーの泉に 広がる外資誘致

イスラムパワー 膨らむ商機(下)

[有料会員限定]

外務省、経済産業省は12月に北アフリカのチュニジアで開く第2回の日・アラブ経済フォーラムへ向けてミッション派遣の準備を進めている。同フォーラムは中東・北アフリカのアラブ・イスラム諸国との経済的な関係を拡充するため昨年、東京で初会合を開催。中東諸国の閣僚、企業トップが多数来日した。

今年1月から日本は頻繁にペルシャ湾岸諸国や北アフリカの国々と閣僚、副大臣級の会合を重ね、再生可能エネルギー分野などでの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン