北朝鮮の金正日総書記が死去 北東アジア安保、重大局面に

2011/12/19付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=島谷英明】北朝鮮メディアは19日正午、一斉に「特別放送」を流し、朝鮮労働党の金正日総書記(国防委員長)が17日死去したと伝えた。69歳だった。父、金日成主席の死去を受けて1994年に北朝鮮の最高指導者に就き、周辺国の反対を無視して核開発を進めた。2002年9月の小泉純一郎首相(当時)との日朝首脳会談では、拉致問題を認めて謝罪したが、問題はその後も未解決のままだ。

金正日氏は軍部や側近を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]