/

この記事は会員限定です

神鋼ラグビーの俊足、今は弁護士 ウィリアムズ氏

「日本ラグビーの質向上に驚いた」

[有料会員限定]

社会人ラグビーの強豪、神戸製鋼の黄金時代に快速WTBとして活躍したイアン・ウィリアムズ氏(47)。ラグビーファンの間で語り草となっている、三洋電機を相手に終了間際に約50メートルの独走トライを決め、神鋼3連覇の立役者となった1991年の社会人大会決勝から1月8日でちょうど20年。母国オーストラリアに戻り、弁護士として日系企業の資源権益取得やM&A(合併・買収)を支えるウィリアムズ氏にこの20年間を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン