/

この記事は会員限定です

集団的自衛権容認を米国防長官支持 日本の努力歓迎

書面インタビュー

[有料会員限定]

【ワシントン=吉野直也】ヘーゲル米国防長官は日本経済新聞との書面インタビューに応じ、安倍晋三首相が進める集団的自衛権の行使に道を開く憲法解釈の見直しを支持する考えを表明した。米閣僚が支持を明言するのは初めて。米軍と自衛隊の協力範囲を広げる意向を示すとともに、中国に日韓と緊急時の意思疎通ができる経路をつくるよう促していることも明らかにした。

ヘーゲル氏は5日に日本を訪問し、安倍首相と会談する。6日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン