/

この記事は会員限定です

「攻撃受けている」大統領に耳打ち カード元補佐官

[有料会員限定]

2001年9月11日、当時のブッシュ大統領は世界貿易センタービルに1機目の航空機が追突した後も、フロリダ州で小学校の授業の視察を続けていた。その場で、テロ発生を大統領に最初に耳打ちしたのが大統領首席補佐官のアンドルー・カード氏(64)。当時の状況や現在の心境を聞いた。

――テロを報告した際の状況は。

「大統領が小学校の教室に入る前も航空機が突入した情報は大統領には入っていたが、小型のプロペラ機が世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2278文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン