/

ロンドン外為9時半 円は対ドルで続伸して始まる

【ロンドン=欧州総局】30日午前のロンドン外国為替市場の円相場は続伸。午前9時半現在、前週末終値に比べ30銭円高・ドル安の1ドル=80円10~20銭で推移している。早朝に一時は80円08銭付近と2月末以来の円高水準を付けた。

27日に発表された1~3月期の米実質国内総生産(GDP)の成長率が市場予想を下回ったことから、米金利は当面低水準が続くとの観測が強まり、ドル売りが進行している。

円の対ユーロ相場は続伸。同55銭円高・ユーロ安の1ユーロ=106円05~15銭で取引されている。

ユーロは対ドルで反落。現在の水準は同0.0025ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.3235~45ドル。

ユーロは早朝買われていたが、スペインの1~3月期GDPがマイナス成長だったことを受けて、売りに転じている。

英ポンドは対ドルで続伸。同0.0060ドルポンド高・ドル安の1ポンド=1.6290~6300ドル。一時は1.6304ドル前後と昨年8月31日以来のポンド高水準を付けた。

英ポンドは対ユーロでも上昇し、一時は1ユーロ=0.8124ポンド近辺と2010年6月30日以来のポンド高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン