/

グーグル、米国で高速ネット接続サービス 毎秒1ギガビット

12年から

【シリコンバレー=奥平和行】インターネット検索世界最大手の米グーグルは30日、米カンザス州カンザスシティーで最大通信速度が毎秒1ギガ(ギガは10億)ビットの高速ネット接続サービスを2012年初めに始めると発表した。自社で接続サービスを手掛けることによりネットを利用しやすい環境を整備し、検索サービスなどの利用拡大を促す。

グーグルは10年2月に光ファイバーを使った高速ネット接続の試験サービスを地域限定で始めると発表し、米国の約1100の都市が誘致合戦を繰り広げていた。カンザスシティーを選定した理由について工事の効率性などを考慮したと説明。「米国内の他の地域にサービスを広げる方法も考えていく」としている。

グーグルは本社を置くカリフォルニア州マウンテンビュー市でも無線ネット接続サービスを提供している。同社はネット検索が主力事業だが、「こうした取り組みでネットが利用しやすくなると検索サービスの利用も増えて広告収入を増やすことができる」(幹部)とみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン