/

米財政赤字、5年ぶりに1兆ドルを下回る 13会計年度

【ワシントン=岩本昌子】米財務省は30日、2013会計年度(12年10月~13年9月)の財政赤字が6802億7600万ドル(約67兆円)となったと発表した。赤字の規模は前年度比37.5%減で、08会計年度以来5年ぶりに赤字額が1兆ドルを下回った。

赤字額は、今年4月に発表した予算教書の予測(9730億ドル)と比べると約30%少ない。国内総生産(GDP)に対する財政赤字の比率は4.1%で、前年度の6.8%から2.7ポイント低下した。

内訳をみると、歳入は約2兆7740億ドルで、前年度比で13.3%増加した。一方、歳出は今年初めからの減税の打ち切りなどにより同2.4%減の約3兆4543億ドルだった。歳出の強制削減措置などが奏功した。

オバマ大統領は09年の就任直後に「13年までに財政赤字を半減させる」との公約を掲げたが、大統領当選から就任直後にあたる08会計年度の赤字額は約4548億ドルで、13会計年度はそれを上回った。ただ、金融危機後の経済回復に向けた支援で歳出が膨らんだ09会計年度の赤字額(約1兆4157億ドル)と比べると13会計年度は半額以下の赤字額となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン