/

加RIM株が続落 新携帯端末の発売発表も好感乏しく

【NQNニューヨーク=滝口朋史】28日の米株式市場で、多機能携帯端末を発売すると前日発表した高機能携帯電話スマートフォン)大手リサーチ・イン・モーション(RIM、カナダ)株が大幅に続落した。米アップルの「iPad(アイパッド)」を筆頭に、成長が続く市場への参入表明だったが、株式市場では好感した動きは乏しかった。

RIMは27日の米株式市場の取引終了後に、新型多機能携帯端末「ブラックベリー・プレーブック」を2011年初めに発売すると発表した。企業などが使う業務用スマートフォンへの高い評価を背景に、多機能携帯端末でも主に業務用の需要を開拓する方針。

米ダウ・ジョーンズ通信によると、米家電量販店ベスト・バイのダン最高経営責任者(CEO)は「プレーブック」の取り扱いについてRIMと交渉していると語ったという。

にもかかわらず、28日の米株式市場では取引開始直後から売りが優勢。株価は前日終値に比べ1.46ドル(3%)安の46.91ドルで取引を終えた。「プレーブック」の発売が11年初めと、今年の年末商戦に乗り遅れる公算が大きいことが嫌気されたという。

多機能携帯端末市場の競争が激化するとの見方も、関連銘柄を巻き込んで売りを誘った。同市場で先行するアップルの株価も前日に比べ4.30ドル(1.5%)下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン