/

米トイザラス、4万5000人臨時雇用へ 年末商戦に向け

【ニューヨーク=米州総局】米玩具小売り最大手トイザラスは28日、年末商戦に向け、同社の既存の従業員数にほぼ匹敵する4万5000人を臨時雇用すると発表した。昨年の同じ時期の臨時雇用より1万人増やす。米小売り大手では百貨店チェーンのメーシーズも先週、約6万5000人の臨時雇用を発表しており、年末商戦への対応策が活発になってきた。

トイザラスはこれまでに、年末商戦の期間にショッピング・モール内の空き店舗などを利用し、約600の期間限定店を開く計画を明らかにしていた。臨時雇用者のうち1万人程度をそれらの店舗に、残る3万5000人は通常店舗に配置する。同社では過去に臨時雇用から正社員になった例もあるという。

メーシーズは年末商戦を含む2010年度下期(10年8月~11年1月)の既存店売上高を前年同期比3~3.5%増やす計画。人員を厚めにすることで、来客増に対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン