/

米ジンガの4~6月、最終赤字17億8000万円

【シリコンバレー=奥平和行】ソーシャルゲーム最大手の米ジンガが25日発表した4~6月期決算は、最終損益が2281万ドル(約17億8000万円)の赤字(前年同期は139万ドルの黒字)だった。新作ゲーム投入の遅れなどが響き売上高が前年同期比19%増の3億3249万ドルにとどまり、研究開発費などの増加が利益を圧迫した。

実質1株利益は0.01ドル(前年同期は0.05ドル)だった。売上高、1株利益ともに市場予想を下回った。さらに2012年12月期通期の業績予想を下方修正したことも嫌気され、25日の米株式市場の時間外取引で株価は一時、同日終値より42%安い2.93ドルまで急落した。

同社のゲームの主要配信先である米フェイスブックの制度変更も響き、ゲームの売上高は前年同期比10%増の2億9154万ドルにとどまった。一方、研究開発費は同79%、販売マーケティング費は同47%増えるなど経費が大幅に増え、利益を押し下げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン