/

この記事は会員限定です

ウールフォーク氏「実質金利差を反映、過去最高値へ」

[有料会員限定]

マイケル・ウールフォーク氏(バンク・オブ・ニューヨーク・メロンのシニア通貨ストラテジスト) 24日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで一時1ドル=83円台半ばに上昇したのは、世界的な景気懸念の強まりや株安などを受け、投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方が一段と強まったためだ。私の試算によると、名目金利から物価上昇率を差し引いた実質金利ベースでみると、日本の金利は過去15年間、米国に比べて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン