/

この記事は会員限定です

ティハーニ氏「円売り介入・量的緩和、可能性高まる」

[有料会員限定]

サーシャ・ティハーニ氏(スコシア・キャピタルの通貨ストラテジスト) 24日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで一時1ドル=83円台半ばに上昇したのは、市場予想を下回る米住宅指標を受けて米金利が低下し、日米の金利差が縮小するとの思惑が強まったためだ。世界的な株安で投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方も円買いを促した。

このところ円買いの勢いが強く、流れを覆す材料を探すのが難しい状態だ。野田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン