/

AP通信にハッカー、「ホワイトハウスで爆発」の偽情報

【ニューヨーク=小川義也】AP通信が23日、ハッカー攻撃を受け、同社のツイッター上に「ホワイトハウスで爆発が2回あり、オバマ大統領が負傷した」との偽の情報が流れた。米株式市場ではダウ工業株30種平均が2分間で140ドル程度急落。情報が偽物だとわかると、株価はすぐに急落前の水準に回復した。

AP通信は同社のツイッターアカウントがハッキングされたと発表。ツイッターでのニュース配信を中止し、対応に乗り出した。ホワイトハウスも爆発などの事実を否定した。米国では、先週ボストンで起きた爆破テロ事件の影響で、テロへの警戒を強めていただけに、一時的とはいえ市場に動揺が広がった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません